2016/03/23

PMS(月経前症状群)


PMS(生理前症候群)
・精神的症状
  イライラ、落ち込む、泣きたくなる、集中できない、、、etc
・身体的症状
  肌荒れ、ニキビ、お腹の張り、頭痛、体重増加、不眠、眠気、、、etc
200種類以上あると言われているPMSの症状
生理前に身体や心に不調があれば、PMSかもしれません。


10代の頃から、生理前になると気持ちが激しく落ち込む。
身体がだるくて、出かけるのもおっくうで、痛みもある。

30才を過ぎても変わらず、生理前になると気持ちが激しく落ち込む。。

日常、特にお身体に痛いとか、違和感があるという症状は無く
肩こりくらいかな?
という感じ。

施術を受け終わっても、身体が軽くなったとか、
変化したという実感はあまりないようです。
2週間に1回のペースで施術の予定を組み
2回目の施術の数日後、、

「そろそろ生理なのだけど、いつも必ず気分が落ち込むのに
そういえば今回は元気な気がする、、、」

あぁ。それは嬉しいなと。
少しづつ、ホルモンのバランスが整ってくるといいですねとお伝え。

お身体の歪みを整え、内臓、ホルモンの調整、、
定期的にメンテナンスしていくことで
慢性になっていた症状もゆっくりと変化してきます。


特に気になる症状はないのだけど、、
という方も、長年使っているお身体、、
定期的にメンテナンスすることをお勧めします。

妊活をされている方はもちろん、お身体の歪みを整えて
赤ちゃんが出来やすい身体へと変わってきます。
通ってくださっているお客様が急に足が遠のいたな、、と思っていて

「妊娠したんです!!」
という幸せなご報告に嬉しくなります。


生理前症状群は毎月のこと、、
しょうがない、、と思っていても、改善できるかもしれません。
お気軽に、ご相談下さいね。




2016/03/08

鼠蹊部の痛み、違和感、、


足を引き上げたときに、足の付け根(鼠蹊部)に痛みや違和感がある。
何か気になるんですっていう方、、、
けっこう多いんですよ。

股関節の付け根(外側)や、鼠蹊部の違和感、、
仰向けに寝て、膝を折って胸に近づけたときに行きづらい(痛みのあるほう)、、

まずは、股関節の動きに制限がある場所を解除していきます。
近くにある、仙腸関節も勿論ですが、
骨盤の歪みに関係のある坐骨付近の筋肉もバランスをとります。

それから、痛み、違和感のある部分を支配している神経を緩めること。
鼠蹊部は、腰椎1番と、腰椎2番の境目。
どちらも使ってみたりします。

これは、均整ではX点といってその椎骨を緩めるのに使うツボを操作します。
そこを緩めることで、関係する椎骨(ここでは腰椎1番と2番)も整い、
その椎骨が支配する部位も整ってきます。

これで、足を持ち上げて胸のほうに折り曲げると
最初よりも可動域が広がり、痛みが軽くなりました。

次に、痛みのある部分にどの経絡が走っているのか、、
ここでは胃経と脾経を使いました。

fg_js03.gif

fg_js04.gif

図を見て頂くとわかるように
ちょうど鼠蹊部を通っていますね。

この縦に走っている線を緩めます。

ゆっくり緩めて、もう一度確認。。
「あ、痛くないですね!!」

よかったです~!
いろいろな方法でアプローチして、可動制限や痛みを取り除いていきます。

「あれ??」
と思ったら、そのままにせず、早めに施術を受けることをお勧めします。