2015/04/28

ご飯を食べるのも、お水を飲むのも大変で、、、年のせい??


最近、ご飯を食べるのも、お水を飲むのも大変なんです、、ってご相談。
「これって、年のせいですよね?」

んー??
ご相談くださったのは、定期的に来てくださっている60代前半の女性。
いやいや、、、まだ年のせいではないと、、、

一生懸命に飲み込むって感じだそうです、、

「脳の伝達がうまくいってないだなぁって思ってるのよ。」
って。


うんにゃ。。
脳に指令がいってるかどうか、というのも考えますが
物理的に動かなくなっているんでは??



確認すると、首がガッチガチになっています。。
首の骨と骨の関節が硬くなり、
神経を圧迫して飲み込むのを邪魔しているんです。。


硬くなっている箇所を、一つ一つ丁寧に解除していきます。
ある程度まで緩んだところで
唾を飲み込んでくれますか??とお願い。

「あれっ??」

難なく、飲み込めたようです。


「年のせいで、もうしょうがないと思ってたのよ!!」

・・・よかったです~!!
硬くなりやすいのに、変わりはありませんが
定期的な調整でストレスなくお過ごし頂けると思いますよ、、とお伝えしました。


年のせい、老化。。。そういって終わってしまうことなんてないですよね、、
だって、生活は続いていくのですから。。

「年のせいなのかな?でも何とかしたい。。。」

そんなお悩みがあれば、どんなことでもご相談ください。
お近くの均整師が力になります!!


↓↓↓↓↓↓↓↓
東中野、中野坂上の整体『米木身体均整院』HOME

2015/04/14

口内炎が三つも、、、


ここ何日かで、口内炎が出来てしまって、、
しかも3つも・・・


もう一個出来そうな予感さえあるんだそうです、、


何日か前まで忙しくって、何とか乗り切ったなぁって思っていたそうです。
そしたら、、、
身体は正直ですね。

定期的に施術を受けに来てくださっているのですが
この日は口内炎が治るように整えます


前にも、口内炎についてはブログに書いたことがありましたが
口内炎は膵臓の疲れとしてみます。
お腹を触らせて頂くと、あらら、、
硬いところが多いですね、、
ゆっくりゆっくり緩めていくと、
ぎゅるぎゅると音を立てて動いてきたのがわかります。


消化器もあまり上手に動けてなかったみたいですね。

全身の関節を調整、
背中から口内炎の調整を入れます。

触る背骨は3つだけ。
その3つで、疲れた膵臓を緩め、口内炎が治るように整えます。


刺激を入れて、仰向けに戻って頂くときに
「いつも気持ちいいと思っているけど、今日はまた格別!!」
ですって!

だって、ちゃんと背中に出てましたもの!!


何日か前に、口内炎の施術をさせて頂いた方がいて。
翌日にメールを頂きました。
「口内炎の痛みが、今朝になって殆ど消えていました。」

よかったなぁと思える出来事です。
もちろん、口内炎が出来ないような生活を心がけるのが一番です。

ダラダラ食事をしないで、お腹が空いている時間をつくること。
空腹になったら食べる。。。

現代においては難しいことなのかもしれません。
また、気をつけていても出来てしまうこと、勿論あります。

この、口内炎が3つも出来てしまったんですってお客様、
通って頂いて半年になります。

最初のうちは、来ていただくたびに頭痛や腰痛、背中の痛みなどを訴えていらっしゃいました。
最近では、お腹の張りや痛み、今回の口内炎など、少し変わって来た様に思えます。

ゆっくり、ゆっくりと変化してきているのを、とても嬉しく思います。。


↓↓↓↓↓↓↓↓
東中野、中野坂上の整体『米木身体均整院』HOME



2015/04/01

腎臓の疲れ、、冷たいお腹。


一年ぶりに施術をさせて頂いた、当院の最高齢のお客様。
90代の男性です。

何年かぶりにお風邪を召され
それ以降、昔痛かった左の腰からお尻、
太ももにかけて痛みが出てしまった。


ご家族のお話では、何をするにも
「あいたたたた、、、」
「あいたたたた。。。」
といって腰を押さえるそうです。


ゆっくり、ゆっくり歪みを確認しながら
お身体を整えてゆく、、、

あれれ??
って気になったのは、お腹の冷え。

このとき、3枚は重ね着をされていて、
上に毛布までかけていたのに「ヒヤッ」とした感じが手まで伝わってくる。。

びっくりするほど、お腹が冷たかったんです。。

それを、ゆっくりゆっくり、、冷えをぬいていって。
グルグルとお腹が動き出してきて、少し温まって来ました。。

丁度、冷えが強かったのは「腎臓」のあたり。

すべての施術が終わり、
ご家族に、お腹がとても冷えていたので温めて欲しいこと。
最近おしっこの色が濃くないですか?ってお聞きしました。


「そうなんです、最近すごく濃い色のおしっこが出ていて、、」
とのこと。
湯たんぽでお腹を温めてあげて、今は腎臓に負担がかかる甘いものは避け
お茶ではなく、白湯を飲んで頂くようにお勧めしました。

その後、何度か施術をさせて頂き
腰、太ももの痛みはすっかりとれたようです。
また、最近はお腹の冷えも解消されて調子がいいようです。

「もう歳だから。」
とあきらめず、自分の身体の力を引き出す方法があるかもしれません。


事実、この方は施術を受けて頂く前は背中がまあるくなっていますが
終わると前よりも真っ直ぐになり、歩き方も変わってきます。


一生、唯一無二の自分の身体と付き合っていくんですもの。
大切にしていきたいですね。


↓↓↓↓↓↓↓↓
東中野、中野坂上の整体『米木身体均整院』HOME