2014/05/30

キレイな立ち方?? 膝と親指の痛み。

お客さまに見られるお仕事で、立ち仕事。
今年入社して、先輩のキレイな立ち姿を見習って。。。と、頑張っているけど、

キレイに立つって大変ですねって。

今日は、いつもと違うところに痛みが出ているようです。
膝の違和感と、左足の親指の外側。外反母趾気味になっています。

それから、前は気にならなかったのに、急にX脚っぽくなっちゃったんです。。って。

膝をみてみると、膝から下が内側に捻れていて、外側に回せません。。

外側に回せるように、膝に動きを出して、、

気になっている外反母趾も調整。


調整が終わると、膝を付けようと頑張らなくても、自然と付いていて隙間ナシ!!

もともと、O脚っぽくなっていた足を、膝を付けようと頑張るあまりに、
踵を外側に回して、無理やり膝を付けていたようです。。

「膝を付けなさい。」
と言われて、一生懸命やっていたら痛み、歪みを作り出してしまったようですね。

一生懸命になるあまりに、体に無理をさせていたようです。
定期的なメンテナンスで、キレイに、立ちやすく、お体を変えていきましょうね。



↓↓↓↓↓↓↓
東中野、中野坂上の整体『米木身体均整院』HOME
スポンサーサイト
2014/05/21

首の痛み、、

「首、背中が急に痛んで、、」

初めてご来院頂いたお客様。

首の痛みが強いそうです。
背中、腰にも痛みがあります。

首を動かして頂くと、
「・・・嘘でしょ。。」
と思うほどしか動きません。。。

左に回しても、右に回しても、
前に倒しても、後ろに倒しても、同じ場所が痛い。
首の左側です


背中から診せていただくと、肝臓がパンパンに疲れてますね、、
ふんふん、、それで左首ね。。

肝臓は、左の迷走神経の支配が強く、
左肩、左首の緊張や痛みとして出ることがあります。


アイタタタ。。。と言ってベットに寝るのが、何とも痛々しい、、、

施術で主にしたのは、「肝臓を緩める。」ということ。

仰向けから施術をはじめ、足、手、お腹、骨盤。。

では、うつ伏せになりましょうかと起きていただき、
「少し首を動かしてみましょうか。」と。

「あれ??動きますね!!!」

とお客様のお言葉、、まだまだ頑張ります。。

首自体はまだ触っていないので、痛みや動きの制限は残りますが
あきらかに変化が出ています。

背中から体の歪みを取り、首、頭と調整。

お帰りの際には、スムーズに動くようになり、
痛みも軽くなり、違和感といった感じまで。


・・・よかったです。

今回の原因は定かではありませんが、
内臓の疲れによって、ぎっくり腰や首の寝違え、痛みなどが起こりやすくなります。

痛みなどの自覚症状がなく、過ごせていても
急に出てくる場合がほとんどです。



仕事が出来る人は、自己管理もしっかり出来る人だと思います。

急な痛みに、動けなくなったり、、仕事に支障を来たす前に
月一のメンテナンス、おすすめしています。


↓↓↓↓↓↓↓
東中野、中野坂上の整体『米木身体均整院』HOME


2014/05/07

お尻の痛み、ピリピリ??

初めてご来院頂いたお客様。

高校のときにヘルニアをやって、、
最近は腰の痛みなど、出ていなかったのに先週から痛みが出ているとのこと。

痛いのは、左のお尻。


ピリピリするみたいな。。



うぅむ。

背中から見せていただくと、、あらあら。。
お体、結構捻れてますねぇ。


気になったのは、、
お腹側、骨盤に沿って付いている筋肉。

何とも固くて、、ゆっくり、ゆっくり弛めます。。

緩めていくと、腸がキュルキュルと動き出しました。
・・・いいですね。



内臓の疲れが強いようで、胃や腸、腎臓などが張っていました。


今回の調整は、初回と言うこともあり、
「全体的な捻れをとる。」ということを意識して調整。



調整が終わり、お客様に立ち上がって頂くときは、、

いつもドキドキ。。


背中からみると、何ともキレイに捻れがとれています♪


「これで、お尻の痛みは出づらくなってると思います~~」


と。しばらく様子を見ていただき、この方の場合は、
1週間後くらいにご来院頂くのが理想的ですとお伝えして終了です。



後日、ご予約のメールを頂いた際、

「お尻の痛みが出ていません。」と嬉しいご報告。


均整は、体のバランスをとり、自己治癒力を引き出していく整体です。

月に1,2回の施術で体は驚くほど楽になります。


不調が出てからではなく、不調が出る前に歪みを取り除き、体を整えるのが理想的です。

明日、明後日の体だけではなく、ひと月後、半年後、一年後、、、

これから先の自分のために、お体のメンテナンスをお勧めしております。


↓↓↓↓↓↓↓
東中野、中野坂上の整体『米木身体均整院』HOME


2014/05/01

胃と背中。

「マッサージに行って、胃の不調で背中や肩が張ることを知りました。」

と、初めてご来院頂いた30代男性のお客様。


お背中をみせて頂くと、まぁ見事にパンパンです。。
・・・これはしんどいですね、、、

少し内臓の疲れが強いかなといった印象。
やっぱり一番気になるのは胃でした。


骨盤、股関節、足の長さを揃え。
疲れが出ている、腕、手首を調整。

足の指、2指、3指の間の間接が詰まって硬くなっていました。
ここは、東洋医学では「胃」に深く関係するところ。


背中から、内臓を弛めます。。


背骨の硬くなっている部分をユルユルとゆるめ、、
胃を緩めていくと、背中のラインが変わってきました。


仰向けに戻っていただくと、背中が床にピタッと付いている様子。。


調整後、立ち上がって頂く。。


「すごい楽です!!!」
とのお言葉、、、

・・・嬉しいです。


胃の疲れ。。
勿論、施術だけで何とか出来るものではないと思っています。

胃を疲れさせないように、少しづつ気をつけて、生活していって欲しいです。

・体を冷やさない
  →湯船に入る。冷たい飲み物を控える。
・胃を休める
  →食べ過ぎない。お腹が減ってないのに食べない。

  →刺激物(辛いものなど)を控える。

背中や肩が張って疲れがたまるとき。。内臓が悲鳴を上げているかもしれません。。


「喉もと過ぎれば、熱さ忘れる。」

しかし、、内臓はそこからお仕事が始まります。
意識せずに食べたり、飲んだり、、、

内臓は文句も言わずに働いてくれています、、

少し気遣い、、休めてあげましょう。。



↓↓↓↓↓↓↓
東中野、中野坂上の整体『米木身体均整院』HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。