2013/11/22

左手、薬指の違和感。。


50代の男性のお客様。
左手薬指の違和感、左肩の方が下がっていて気になる、、とご来院頂きました。

全身の筋肉の緊張が強く、歪みも大きい。


最初のうちは週に1回の施術をお勧めしました。

ご来院、3回目。
薬指の違和感が取れてきたと、嬉しいお知らせ。

実はこの方、今まで2回も薬指の同じ関節を痛めたことがあるのです。
最初は、空手の組み手で。
2度目は、雪の日に転んで。。

触らせていただいたときに、変形と硬さが際立っていました。

今では、変形もほとんどわからなくなり、硬さもなくなりました。


何よりも、違和感がなくなったことをご本人がとても喜んで下さいました。
「本当に取れると思わなかった。」そうです。。

それから、ひどかった肩の左右差。

体がいい状態を覚え始め、調整の間隔を2週間にして頂きました。
以前は戻りが早いとおっしゃっていたのもなくなり、整ってきました。

左右の肺を自然気胸で手術したことがあり、とても難しいお体でしたが、
随分と整ってきました。

均整の良さは、月に1,2回受けるようになってから風邪を引かなくなった、お腹を壊さなくなった、
など体調に変化が出てきます。

痛くなったら、辛くなったら。ではなく、予防のため、
メンテナンスをお勧めします。


↓↓↓↓↓↓↓
東中野、中野坂上の整体『米木身体均整院』HOME
2013/11/13

股関節と、肩こりの関係。。


初めてご来院の女性のお客様。

お体を見せていただいて、気になったのは「股関節」。

わぁ~~、、硬いなぁ、、
「股関節の疲れがたまってますね~~、最近、つまづくこと多くないですか??」

「・・・多いです!!歳のせいかと思ってました。。」

と、、

そうですよね、、この状態では、脚を上手に持ち上げられないと思うんです。

それから訴えの一つであった「肩こり」。
これも股関節から来ていますね、、、


何で、股関節と肩こりなの~~??

って思いますよね?


股関節と肩関節はとても関係が深いんです!!

股関節が疲れて、脚を持ち上げるのが大変になったとき、いかり肩のように肩を上に持ち上げてみて下さい。


あら不思議!!!

脚が軽々持ち上がるではありませんか。。


そうなんです、、

人は、股関節が疲れて脚が上げづらくなると、無意識のうちに肩に力をいれ、
股関節を補助しているんです。


「いつも肩に力が入ってるねって言われるんです!!」

やっぱり~~♪



・よくつまづく
・肩がいかり肩になってしまう

お心当たりのあるかたは、股関節が疲れているかもしれません。

ご自分のウィークポイントを知って、上手に体と付き合っていくこと、、
とっても大切なことだと思います。。


↓↓↓↓↓↓↓
東中野、中野坂上の整体『米木身体均整院』HOME



2013/11/02

ストレスと肝臓の関係。。

「あぁ。。ここのところ、イライラすることが多かったですか??」

そうお伺いしたのは、毎月来て下さる女性のお客様です。。

「そうなんですよ~~!!!もうすごいストレスたまって!!!」


そうですねぇ。。こんなに背中がパンパンだと、そうなりますねぇ。。

普段と違うお背中の感じ、、気になります、、


前回お話した、肝臓と睡眠、、、
今回は、肝臓とストレスです。

東洋医学では、「怒る」という感情は「肝臓」を傷つけるとされています。
また、悪い気は肝臓で処理をするとも言われます。

お話をお伺いしたところ、お仕事でいろいろとあったようです。。。

久しぶりにイライラし、肝臓を傷つけてしまったようです、、


お話を聞きながら、肝臓を緩めて、、悪いものを全部出してもらって、、、

それから、肝臓は目とも深い関係にあります、、

普段から目を使うことが多い現代人。
やっぱり目も、相当疲れていらっしゃいました。

終わった頃には、背中の張りもとれて、見た目もスッキリ!!

「スッキリしました~~~!!!!」
と。 まぁ、嬉しいお言葉♪

お仕事でイライラさせられて、体まで壊したんでは救われません、、

体はとっても素直です。


ご自分のお体の状態を把握するためにも、
月一のメンテナンスをおすすめしています。



↓↓↓↓↓↓↓
東中野、中野坂上の整体『米木身体均整院』HOME