2013/10/24

肝臓と睡眠。。眠れていますか??

2度目のご来院のお客様。

背中を見せていただいたら、何だか気になることが出てきました。。

「眠れていますか??」

振り返ってビックリするお客様。。


「えっ!?わかるんですか!?
今日はそれを相談しようと思って来たんです!!!」


ふっふっふ、、、
背中に書いてありますもの~~

気になったところは「肝臓」。
ここがパンパンにはれています、、

はぁ。肝臓つかれてますね、


肝臓が疲れる原因って、皆様大体はお酒を想像すると思います。

・・・しかし。。それだけではありません。

お酒、タバコ、食品添加物。

それから、不規則な生活に睡眠不足、ストレスも肝臓を傷める原因になります。


肝臓とストレスの話はまた次回にでも、、


そうです、この「不規則な生活、睡眠不足」が鍵になります。。
ストレスもかかっていたようで、、

「それから、ここのところ忙しくてストレスがかかること、気を使うことが多かったんです。」


やっぱり~~

それから、それから。
お体を触りながら気になったのは、「冷え」。
お腹と手足が冷たいのです。


聞くところによると、韓国旅行で辛いものを沢山食べてきたそうです、、

一見、唐辛子は体を温めるように思われがちですが、正反対です。
・・・冷やすのです。

予測がついたのは、もともと腎臓がお疲れ気味で冷えが溜まっていたところを、さらに旅行で冷やし、眠りが浅くなる。ストレスでさらに眠れなくなり、肝臓もパンパンに、、、

といったところでしょうか。。


腎臓、肝臓を調整。

アドバイスは、体を温めること。
お勧めしたのは、湯たんぽです。

寝る前にお腹の上に乗せて、冷えているお腹を温め、足元に入れて眠って下さいね。。

秋のうちに冷えを撃退して、冬のために備えましょうね。。


↓↓↓↓↓↓↓
東中野、中野坂上の整体『米木身体均整院』HOME




2013/10/18

秋口に多かった膝の痛み、違和感。


20代で膝が痛いなんて普通なのかな。。。

そんな声を沢山聞きます。

私も、20代前半、、寒いときや無理をしたとき、左ひざが痛かったのを覚えています。


この秋口に多かった膝の痛み、違和感。

もちろん、夏前から引きずっていらっしゃるお客様や、スポーツで無理をされて、、という方もいらっしゃいます。


共通していたのは「胃」に負担がかかっていたということ。

ものすごい猛暑だったこの夏、エアコンなしで過ごせた方なんていらっしゃらないと思います。

また、冷たい飲み物に、美味しいアイスクリーム。。
お風呂は暑いから、2ヶ月も3ヶ月もシャワーだけ。。。

・・・内臓が冷えにさらされています。。。


背中を見せていただいても、
「あぁ、、胃、、疲れてますねぇ。。」といった感じなのです。。

どうして「胃」が「膝」と関係しているのか。

膝には、胃経という経絡の流れが通っています。

(経絡とは、ツボが通っているラインのこと。)

私たち均整師は、膝=胃 と考えたりします。

勿論、直接的に関節自体の調整も行いますが、、、

胃の不調で水の代謝が上手に出来なくなり、全身のむくみ。。
膝の関節にも水が入り、痛みが出ます。



使うのは、内庭(ナイテイ)というツボ。

膝の痛い側の人差し指と、お兄さん指の間から足首側に滑らせて止まるところです。

ここを痛いくらい挟んで引っ張る、、、

膝の水が抜けるのです、、、


それから。
どう動かないのか。

伸ばすのが痛いのか。曲げるのが痛いのか。

これは、AKAという方法を使って調整します。


すると。。ホントに不思議。
膝がびっくりするほど軽くなるのです。。

慢性的な方や、怪我などで膝を痛めている方は1度で完全に痛みをとるというのは難しいと思います。

しかし、一時的な痛みは改善が早いです。

お帰りの際のアドバイスは勿論。。

体を温め、胃に優しくすること!!
食べすぎ、冷たいもの。。胃に負担がかかることは避けること。

足湯に靴下、湯船も。。。

夏の冷え、秋まで持ち越していませんか??



何だか最近、膝に違和感がある、、、とお思いのあなた。。
「胃」大丈夫ですか???


↓↓↓↓↓↓↓
東中野、中野坂上の整体『米木身体均整院』HOME


2013/10/10

背中の痛み。

「背中が、痛いんです。。」

腰ではなく、背中です。

「背中の真ん中らへんが痛いんです。」

詳しくお伺いすると、痛いのは背骨のキワ、もしくは真ん中。。


あらあら。。と思っていたところ、先週からそんな方がチラホラ。。

痛みだったり、違和感だったり、、


どの方にも共通していたのが、胸椎11番という骨の痛みということ。

この胸椎11番、どんな椎骨かというと、、
均整においては「回旋」に大きくたずさわる骨です。

「回旋」とは、読んで字のごとく捻るような動作において大きく関わってきます。

また、生理的湾曲(背骨のなだらかなカーブ)を保つ上で主軸となってきます。


内臓的な視点から見ても、胸椎11番はとっても大切です。
胃、肝臓、腎臓、、etc、、様々な施術で11番を使います。

私の施術の中で、胸椎11番にアプローチをしていない方は一人もいません。


秋が深まって来たこのごろ、夏の内臓の疲れを引きずっている方が沢山いらっしゃいます。
えぇ。この夏は、本当に暑かったですもの。。

痛みの出ている胸椎11番をゆっくりと緩めて整え、、
普段は「バキっとしません!!」が売りの当院ですが、必要と思うと使います。。。


これでキレイに痛みがとれて、、普段の生活に支障がなくなると、とっても嬉しいです!!


ベッドから立ち上がって頂くときの緊張感。。。どきどき。。。

「あ!!違和感も痛みもないです!!」


・・・よかった~~~!!!

うんうん、、

すっきりとした背中、伸びた腰、、お見送りが嬉しいです。

「何か痛くて気になる、、」
・・・痛みって本当にわずらわしいものです。

少しでも快適にお過ごしいただけるよう、精一杯お手伝いさせて頂きます!!!





↓↓↓↓↓↓↓
東中野、中野坂上の整体『米木身体均整院』HOME