2013/08/23

小児の頻尿、おねしょ。



「4歳の娘が4日前から原因不明の頻尿です。
小児科で検査をしましたが心理的なものでしょうと言われました。
1日に15回もトイレに行っています。
何とかしてあげたいのですが。。」


というご相談のメールを頂きました。

トイレトレーニングもしかっり出来ていて、粗相することもない。
回数だけが増えてしまったとのこと。

おしっこの回数が増える前に、祖母、祖父と旅行に行っていて、
「おトイレは大丈夫なの??」
と何度も聞かれたり、トイレに連れて行かれたりしたこと。


子供ながらに、
「失敗してはいけない!!」
とストレスになり、体に歪みを作り出してしまったようです。


きゃぁきゃぁ、バタバタしながらお体を見せて頂きました。

気になるのは、仙骨(お尻の上の骨)と頭骨の歪み。。

仙骨に歪みがあると、膀胱の圧迫を呼んでしまいます。

「くすぐったい~~~!」
何て言われながら、きゃっきゃと調整。

やさしく、、やさしく。。

最後に、お母様にお家で出来る「調整法」をお伝えして終了です。

え??これで終わり???ってお顔のお母様。。

半信半疑ですよね(笑)

いいのです。これで終わりなのです、、

そして、5日後に頂いたメールには、、

「おかげさまで、ピタリとおしっこの回数が減り、嘘のように元の回数に戻りました!
本当にありがとうございました。」


と。
本当によかったです。

おトイレの回数が増えると、お子様にとっても、お母様にとっても、精神的に負担になりますよね。。。

今回させて頂いたのは、「おねしょ」と同じ調整です。

おねしょも、仙骨と頭骨で調整します。


お困りのお母様、是非ご相談下さいね。

↓↓↓↓↓↓↓
東中野、中野坂上の整体『米木身体均整院』HOME
スポンサーサイト
2013/08/17

腱鞘炎、手首の痛み。

7月の中旬に初めてご来院頂いたお客様。

プロのドラマーです。

ドラムを叩くというお仕事、本当に激しく、お体を酷使する職業です。


腕が赤黒く内出血するほどの酷い腱鞘炎になり、ドラムが叩けなくなりました。
・・・叩けないというより、手首が動かせないのです。

動かすと、激痛がともなうんです。

右手を完全に固定して、包帯グルグル巻きでいらしたお客様。。

はずしてみせて頂くと、腫れていて、熱もまだあります。

「いつからですか?」
「冷やしていますか?」

聞きたいことは、いっぱいあります。。。

「10日程前です。」
「シップを毎日貼っています。」

・・・シップ????
そんなに熱持ってるのに!!!????
え~~~??10日も前だよ~~??


「・・・氷水でアイシングして下さい。。」

腱鞘炎は、骨と骨(関節)を繋ぐ「腱」の炎症です。
熱や腫れがある場合には、まずは冷やすのが先決です。

それから、この方の場合手首が動かせないのですが、
首の付け根(頚椎6番と7番)がせまくなり、腕の骨(橈骨・尺骨)にズレがありました。

腫れと熱を持っていた初回、調整はほとんど手首には触らず、遠隔で行いました。

8月からは、ドラムを叩けないといけないというスケジュールで、
何とか叩かせてあげたい!!と、調整は週に2日。

一番問題だったのが、腕の骨(橈骨・尺骨)のズレ。

bjoint_hand.gif

この方は、親指側の「橈骨」が下に落ち、小指側の「尺骨」が上に上がって硬くなっている状態でした。

もちろん、腕の筋肉的な疲労と緊張もありました。


2週間でどこまで改善させられるのか、、、
プロとして、ドラマーとして食べていっているこの方を、お仕事に復帰させられるのか、、

そして、明日からいよいよツアーに行くという最後の調整。

。。。手首、ちゃんと動きました!!!
2週間前に、まったく動かなかった手首が嘘のようです。。。

しかし、急な動きでは、痛みが出る心配もありました。
ですので、演奏中はテーピングをすることを約束して頂きました。

それから、なんといっても「アイシング」。
演奏が終わったら、氷水のバケツに手首を入れて冷やすこと。

皆さんも、テレビで見たことがあるはずです。
野球のバッターが、試合後、肩にアイスバックを沢山つけて肩を冷やしているところ。

プロのお仕事は、本当に激しいのです、、

毎日の疲労、炎症を翌日に持ち越さず、常にいいお仕事ができるように、、、


ツアー中の先日、治療院に電話がありました。
「先生、おかげさまで着々と良くなっていっています!!!」と!!!


。。。嬉しいです。
涙出そうです。

動かない手首に、バンドを辞めることまで考えていたとのこと。

本当によかったです~~

これからも、気を引き締めてお仕事します!!


↓↓↓↓↓↓↓
東中野、中野坂上の整体『米木身体均整院』HOME

2013/08/10

お尻のこと。痔。

「先生、おかげさまで痔が治りました!!」

なんて報告を最近受けました。

…痔があったなんて、聞いてませんけども。。。

言いづらいですよね、、


均整では、痔は「頭」と「足首」で調整します。

先日いらした女性は、足首の内側が硬くなっていて、随分と冷えが溜まっているなぁと。

「このままだと、痔になりやすいと思うんです。。」


とお伝えすると

「本当に言いづらいんですが、実は、、、」と。

恥ずかしくて、薬局にも行けないし、病院なんてもっと無理で。。とのこと。


「そうですよねぇ。。」

なんて話しながら調整をして、1週間後、、、、

「先生!!小さくなってきたんです!!」

と!! まぁ嬉しい!!


もともと冷え性で、冷えを溜めやすい体質のこの方。
何度も繰り返さないためにも、足湯をお勧めしました。

足首の上までじっくり温めて、ゆるめて下さいね。


来週には、「治りました!!」と聞けるかなぁと、ドキドキしながら待っています。


↓↓↓↓↓↓↓
東中野、中野坂上の整体『米木身体均整院』HOME


2013/08/01

「ものもらい」「めばちこ」麦粒腫。

月に一度、お体のメンテナンスにいらっしゃる30代の女性。

3日程まえから「ものもらい」が出来てしまい、お化粧も出来ないとか、、


左目の目頭に、赤く腫れてポツッとありました。

均整法では、ものもらいは脾臓の緊張によるもの。とされています。

脾臓??何してる臓器??
って思いますよね。

簡単に説明すると、
○免疫機能
○造血機能
○古くなった赤血球の破壊
○血液の貯蔵機能
です。

この脾臓の緊張によって起こるとされているモノモライ。

均整で良くなるんです!!

え??モノモライが!?
ってびっくりされるんですが、私もモノモライになりそう、とかなった時には自分で治します。

いらした際は、左右の目の形が違って腫れていたのに、
調整が終わると、、、

あら不思議。。

左右の目の形が揃い、少し赤みを残すほどになりました。

たかが「モノモライ」。
でも、大切な体のサインです。

表面だけにとらわれず、その奥にあるものが何なのか、
全体をみて調整しています。

モノモライが治らない、何度も出来る。
など、もしかしたら脾臓が疲れているかもしれません。

体から発せられる小さなサインを見逃さず、
健康で快適な生活を送って頂きたいです。

↓↓↓↓↓↓↓
東中野、中野坂上の整体『米木身体均整院』HOME


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。