2013/06/26

膝の違和感。。

先日いらしたお客様の「膝」のお話。。


「昨日、子どもと公園で遊んでいて膝を痛めたみたいです。」

「階段の上り下りで痛いんです。。。」



あらあら、、、せっかくの休日、お子様と楽しく遊んでいたのに。。
最近、さぼっていたジョギングを再開し、楽しくなってきたところだそうです。。

この方の膝、見せて頂くと真っ直ぐと立って重心をのせても痛みはない。
膝を曲げて、重心をかけると痛みが出てきます。


「膝」という関節は、本当に繊細で。。。(もちろん他の関節も繊細です。。)

真っ直ぐ伸ばしたとき、膝から下は少しですが外旋(外側にまわります)。
膝を曲げてくると、膝から下は内旋(内側にまわります)します。


階段の上り下りで痛いということは、曲げて体重をかけるのが痛いということ。。

…痛いとおっしゃっていた右足を見せて頂くと、内旋(内側にまわす)がほとんど出来なくなっていました。
緊張していた下半身を緩め、かばっていた腰、背中と調整。

膝から下の内旋運動をしやすくしてあげると。。。

「あれっ???」

とおっしゃって、ベッドを上がる、下りる。。。

「痛くない!!!」

…しばらく、ご無理はしないで下さいね。
とお伝えして終了です。

お子様と過ごす時間、週末しか遊んであげられないのでお父さんは、はりきって遊びます。
いつも大丈夫だと思っていた動きも、急にすると。。

来週も遊んであげられますように!!!

そして、ジョギングも続けられるように、、無理せず体を整えていって下さいね。


↓↓↓↓↓↓↓
東中野、中野坂上の整体『米木身体均整院』HOME






スポンサーサイト
2013/06/17

女性の天敵。。。むくみ!!!!

朝起きて、仕事に行こうと靴を履いて、、、あれっ!!??

…きつい。。靴がきつい。。朝なのに。。


なぁんてこと、ありませんか??

夕方になるにつれて、脚がむくんでブーツがきつく。。。

など、女性は何かとむくみに悩まされがちです。


むくみ→水→腎臓
と考えますが、それだけではありません。

水分の調整には、胃が大きく関わっています。
 

今回のお客様も、上半身はとても華奢でいらっしゃるのに、下半身にはむくみが出ており、
足首があまりはっきりとしません。。

お体を見せて頂くと、胃が弱いようにみえました。
お伺いすると「胃が弱くて、よくもたれたりしています・・・」とのこと。。

私たち均整師は、「水抜き」と言われる操法でむくみを取ります。
様々な「水抜き」の操法がありますが、私が使うのは3種類です。

それと合わせて、胃を調整。

調整が終わる頃には、足首の骨が感じられるほどに。。

胃が疲れてくると、むくみもひどくなってきます。
胃に負担をかけないように、夜遅い食事や、冷やすこと、消化に悪いものを避けて頂くのも大切です。


調整後には、第二の心臓と言われる「ふくらはぎ」を鍛えるためのトレーニングをご一緒にして頂いて終了です。


お着替えが終わり、お会計の際には
「足首が出てきたみたい!!!」
と嬉しいお言葉。。

一日各10回ずつでいいので、1週間続けて下さいとお願いしました。

1週間後には脚の形もずいぶんすっきりとしてキレイになっているはずです!!!


第二の心臓と呼ばれる「ふくらはぎ」。
このふくらはぎは脚のほうに下りていった血液を心臓に戻すという大切な役割があります。

足のほうに下りていった血液は、重力に逆らって上がり、心臓にたどり着かなければなりません。
それには、ふくらはぎの筋肉がしっかりと収縮して、力強くポンプの役割を果たしていくことが、最も重要なポイントになってきます。

血液と共に、リンパ液、老廃物など様々な流れに影響します。

寝る前に10分間のマッサージをするよりも、
全身の血液循環を促し、根本からアプローチできるトレーニングをおススメします!!!


↓↓↓↓↓↓↓
東中野、中野坂上の整体『米木身体均整院』HOME


2013/06/11

無力性便秘、痙攣性便秘。


便秘、と一言で言っても原因は様々。
大きく分けると2つに分類出来ます。

無力性便秘と痙攣性便秘です。


無力性便秘は腸の交感神経がレベルが高くなって起こる便秘。
痙攣性便秘は腸の副交感神経のレベルが高くなって起こる便秘です。

つまり、交感神経が高いのか、副交感神経が高いのか、
どちらによって起こっている便秘か見きわめるのです。

どちらの神経のレベルが高くなりすぎても、腸は上手に働いてくれません。
交感神経と副交感神経、この2つのバランスが上手にとれる状態でないといけないのです。

どうやって確認するのか??
…均整って面白いんです。

右側の側頭がふくれていたら痙攣性便秘。
左側の側頭がふくれていると無力性便秘です。

…頭の形で確認するんです!!

今回のお客様は、無力性便秘でした。

背骨から刺激を入れ、硬くなっていたお腹も調整。
その後、2週間たってご来院頂きましたが、調子も少しずつ整って来たようです!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。