2017/04/02

安定期から出産まで。


定期的に来てくださっていた お客様が、ぱたりと来なくなって。
あら?
最近、そういえばいらしてないなぁ
お元気かしら、、
なんて思っていたところ。

安定期に入ったので、と。
またひょっこり赤ちゃんと施術を受けに来て下さるというのが、すごく嬉しい。

この方は、妊娠中に胎盤が下にありすぎて
帝王切開になるかもしれないと、お医者さんに言われてドキドキ。。


ふんふん。
そうですか~
じゃぁ、一回で何とかなるかわからないけど、
ちょっと胎盤上げてみましょうかね。上に。

このお話をしてから一か月か一か月半か。
お客様から、

「胎盤が上に上がって、自然分娩でいけそうだって先生に言われました!!!」
と嬉しいご報告。

それはもう、本当に嬉しい。
何度目かの妊娠で、やっと安定期に入り
大嫌いな言葉だけど、マルコウといわれる高齢出産のラインを越えての初産。

心配なこと、いっぱいあったと思います。
均整で、その心配なことと、身体の痛み、やれることは全部します。

二週間に一回のペースで、
出産5日前までお身体をお預かりしました。

最後の調整で、骨盤の状態もよく
病院の先生からは、
「その年齢で、心配だったけど子宮口も開いてきているし大丈夫でしょう」
と頂いたようです。

私から見ても、つるつるポンッと、生まれますよ。
骨盤の状態もすごくいいですから~~!!!
と送り出しました。

そして、
3時間半の超安産。

つるつるポンッと出てきました!

あぁ、、嬉しいなぁ~
大変な時に、手を出すことが出来て、頼ってもらえて、、
均整師冥利につきるなぁと思える。。

さて。
ここまでも、いろいろあったけれど
ここからがまたまた大変ですよ~~!!

しっかり、サポートさせていただきます!

2016/11/01

どこもかしこも痛くって。。


産後、お母さんの身体は十月十日の妊娠期間と
出産を終えて、ボロボロです。

そこに、生まれたての赤ちゃんのお世話で睡眠不足、、、
お風呂もゆっくり入れず、ご飯も流し込む。。

不調が出るのも当たり前ですね、、

三十代の産後3ヶ月のお母さん。
両肩の痛み、背中、腰、膝の痛み。

膝の痛みに限っては、出産翌日から両膝に痛みが出たとのこと。。

お身体を見せて頂くと、あらら、、かなり歪みが強くなっていますね、、
少しづつ、丁寧に歪みをほどきながら、左右のバランス、
関節の可動域などを整えていきます。

一度目の施術が終わり、歩いても膝の痛みも出ていない様子。
翌週にもう一度ご予約を取っていただいて、その日は終了です。


二度目の施術。
来ていただいたときには、姿勢もかなりキレイに変わり、

「あのときにあった痛み、もう取れちゃって劇的にいいんですよ!」

と喜んでいただけました。
それは本当に何よりです~~

赤ちゃんは、日に日にすくすく成長し、
体重もゆっくりですが増えていきます。
お母さんの負担が軽くなるのはもうだいぶ先の話です、、、

お身体の歪み、痛みが取れても
それもまた出てきてしまいます。

定期的にメンテナンスをし、歪み、痛みを長引かせずに
赤ちゃんとの時間を過ごして頂きたいなというのが均整師としての思いです。

もちろん、赤ちゃんとご一緒に来院して頂くことも可能です。
お気軽に、ご相談くださいね。

2015/10/06

妊娠20週、、、お腹の張り、痛み。


お腹が張って張ってしかたがないんです、、、って妊婦さん。
初産なので、こういうものなのかな?と思っていたそうです。

先日は、移動やらなんやらでバタバタして忙しく
出血してしまったそうです。。

主治医に連絡し、特に緊急性は見られないとのこと、、
お話を聞いて、少しほっとしました。
安定期に入ったとはいえ、無理をするのはよくないですね。。


妊娠20週とのことですが、いやいや、、結構出てますね。。

このころ、子宮の大きさは非妊娠時の3倍ほどになり、
羊水は350mlほどで、ここから急激に増加し臨月には800mlにもなります。
胎児の大きさは170~230ミリ、体重は220~350グラムほど。

お腹の張りだし方などは、もちろん個人差がありますが
ソファーに座っていても
「あいたたた。。。あいたたた。。」
としきりに痛むようです、、


お腹の張りづらい、楽な角度を作り上げ、そこから施術スタートです。
動きの悪い股関節、固くなった骨盤底筋などをゆっくり緩めていきます。
「ぎゅるる。。。」
あ、お腹が鳴りだしましたね。
うんうん。。

「あれ?お腹減ってるのかな?」
って妊婦さん。
えっと、胃ではなくて、もっと下のほうの臓器、腸が動いてきてますよ。
いろいろな理由で動きが悪くなっていた内臓が動き出している音です。

そのあとも「きゅる、、」や「こぽこぽ・・・」といろんな音が。

固くなっていた肋骨、横隔膜も調整。
息もしやすくなったようです。

施術が終わり、お腹が張りづらくなる寝方を毎日ご自宅でしてくださいね
ってお伝えしておかえししました。
施術が終わった直後は、??? と(・・?
実感がないようでしたが、翌日楽になったようでお礼のメールを頂きました。

よかったぁ、、出産まであと半分。
妊婦さんの時期を少しでも楽に、赤ちゃんにも負担がないように過ごせるよう
全力でお手伝いさせていただきます。


↓↓↓↓↓↓↓↓
東中野、中野坂上の整体『米木身体均整院』HOME









2015/09/17

妊婦さんの腰痛(尾骨、仙骨の痛み)


妊娠7週目から、施術を受けに来てくださっている妊婦さん。
最初は、お腹の張り、腰の張りで、、
次につわりがひどくなって、、


14週の今日は、仙骨の下部から尾骨が痛い。。。

bone_pelvis_pos.gif

常に痛いわけではないのだけど、
起き上がったりする動作の中で、痛みが出てくるようです。


自分の身体の中で、命を育むということ、、
すごいなぁ、、、と。
時期によって、様々な症状が出るんですものね。。。

つわりは落ち着いたものの、
やっぱり胃も本調子ではないとのこと。

お腹の赤ちゃんの負担にならないように
優しく、ゆっくり施術を進めていきます。

骨盤底部筋や股関節など、腰回りの筋肉を緩めたり、関節を調整。
お腹も下部は触らず、上部で胃を緩めます。
それから、胃を緩めるのに、頭と首の付け根、おでこを使います。

うつ伏せになれるかどうか確認し、
まだ大丈夫とのことでしたので
起き上がっていただくと

「あ。もう痛くない!」

って。起き上がっても最初に痛かったところの痛みが取れたとのこと。

うつ伏せで、仙骨と尾骨を調整。
調整が終わるころには、

「お腹が空いてきました。」

ですって。
ゆっくり、ゆっくり、変化を続ける身体。
症状もどんどん変わっていきます。


妊娠中だからしょうがないのかな、、
と思うことも多いかもしれません。

これってどうにかなるのかしら??
って症状がありましたら、ご相談下さいね。


つるっと出産できるように、お手伝いさせていただきます。


↓↓↓↓↓↓↓↓
東中野、中野坂上の整体『米木身体均整院』HOME
2015/05/06

逆子をくるんと。。妊婦さんの整体


妊娠中、不安になるのが「逆子」ですよね。
この逆子のままだと、帝王切開になります。

出来れば、避けたいなというのがお母さんの心情。

均整では、逆子をくるんと戻すことが出来ます。

え~?
整体で、逆子って治せるの???


って思いますよね。


どうして、逆子になるのかってことが大きいと思うんですが。。

お母さんの身体の歪みが強くて
赤ちゃんにとって、逆子でいることのほうが楽であるということ。。


施術の際には、ほとんどお腹は触りません。
なでるくらい。。

赤ちゃんを動かす、、ではなくって
お母さんの身体の歪みを治し、赤ちゃんに自然とくるんと返ってもらう。


赤ちゃんが、正しい位置で、過ごしやすい環境を整えてあげること。


9ヶ月に入って、まだ逆子が治んなくって、、、
方には、赤ちゃんをくるんとしますが
基本は、お母さんの身体を整えること。

「次の検診には治ってると思いますよ。」
ってお返しします。


で。
やっぱり治ってるんです。

いつのまにか、赤ちゃんがくるんと。


逆子に、腰痛、お腹の張り、、、
妊婦さんの整体、承ります!


↓↓↓↓↓↓↓↓
東中野、中野坂上の整体『米木身体均整院』HOME

daedec44f9adb45aa5f70e0598a8d3c6_s.jpg