2014/10/31

お身体、冷えてませんか??


最近多いのが、冷えによる不調。。


そんな方には、お帰りになる際に、

「ご自宅では、湯たんぽでお腹を温めてあげて下さいね。」

ってお伝えします。


そろそろ、ご連絡あるかしらと思っていたお客様。
ご予約を頂いたのですが、その際に

「何日か前から夜になると眩暈がひどくって、、、」

とご相談頂きました。


均整では、眩暈=腎臓の不調とみます。
もちろん、それだけではないんですが、まず疑います。

この方、腎臓が疲れやすいので不調はいつも腎臓に絡んでいます。

「ここのところ、寒かったのでお身体冷えてませんか?
とりあえず、応急処置として湯たんぽで、お腹の上部を中心に温めてみてください。
テレビを見ているときでも、寝る前でもかまいません。
もちろん、どちらもするのがいいですね。」


そうお伝えして、施術に来ていただいたのが3日後ですが、
その夜から、もうひどい眩暈は出ていないそうです。

眩暈、胃痛などもそうですが、
冷えは、背中の痛み、首肩、腰の痛みなどの原因になります。

まだ大丈夫だと思って、うっかり冷やしてませんか?

ご自宅で出来るお身体のケアとして、湯たんぽで温める、、、

とっても気持ちいいですよ。
はじめてみませんか??




↓↓↓↓↓↓
東中野、中野坂上の整体『米木身体均整院』HOME



スポンサーサイト
2014/07/29

冷えと。。むくみ。


7月も、もう終わり。
暑い日が続いて、建物の中はクーラーがきき過ぎていて、、、

男性は暑いって汗をかいているけど、女性はストールを肩に巻いて。。
オフィスでは、卓上扇風機で涼んでいる男性の横で、膝掛けをしている女性もいるようですね、、


ここのところ、普段よりもむくみが強く出ているお客様がチラホラ。。。

むむむ。。。

・・・冷え、ですね。。

まだ暑さは本番ではないけれど、夏になって冷たいものを口にするのが増え、
湯船にはつからず、シャワーのみ。。

もちろん、室内のエアコンはちょっと強くって。。。


気が付かないうちに、内臓まで冷やしてませんか???

水分の代謝で大事なのは「腎臓」と思われがちですが、それだけではありません。


むくみの天敵。
それは。

「胃」の疲れ、冷えです。


むくみがひどく出ているお客様。
みぞおちの部分を触ってみると、硬くて冷たい。。。

ゆっくり、ゆっくり、冷えを抜いて、、、

あるお客様は、胃の冷えを取っていくと急に汗をかきだして。。。
お顔がピンク色に。


「熱くなっちゃいました??」

とおうかがいすると
「そうなんです、、何だか急に汗がふきだして。。。」

冷えてましたもの~


毎日とは言わなくても、この時期も湯船に浸かって、
体の奥に入り込んでしまった「冷え」をゆっくり取って、、

冷たいものを少し減らしたり、氷を入れないようにしたり、、
なるべく、お体を冷やさないようにして、上手に夏をのりきって頂きたいです。


冷えが強くなってくると、疲れやすくなり、夏バテの原因になります。
どうぞお大事になさってくださいね。



↓↓↓↓↓↓↓
東中野、中野坂上の整体『米木身体均整院』HOME


2013/06/17

女性の天敵。。。むくみ!!!!

朝起きて、仕事に行こうと靴を履いて、、、あれっ!!??

…きつい。。靴がきつい。。朝なのに。。


なぁんてこと、ありませんか??

夕方になるにつれて、脚がむくんでブーツがきつく。。。

など、女性は何かとむくみに悩まされがちです。


むくみ→水→腎臓
と考えますが、それだけではありません。

水分の調整には、胃が大きく関わっています。
 

今回のお客様も、上半身はとても華奢でいらっしゃるのに、下半身にはむくみが出ており、
足首があまりはっきりとしません。。

お体を見せて頂くと、胃が弱いようにみえました。
お伺いすると「胃が弱くて、よくもたれたりしています・・・」とのこと。。

私たち均整師は、「水抜き」と言われる操法でむくみを取ります。
様々な「水抜き」の操法がありますが、私が使うのは3種類です。

それと合わせて、胃を調整。

調整が終わる頃には、足首の骨が感じられるほどに。。

胃が疲れてくると、むくみもひどくなってきます。
胃に負担をかけないように、夜遅い食事や、冷やすこと、消化に悪いものを避けて頂くのも大切です。


調整後には、第二の心臓と言われる「ふくらはぎ」を鍛えるためのトレーニングをご一緒にして頂いて終了です。


お着替えが終わり、お会計の際には
「足首が出てきたみたい!!!」
と嬉しいお言葉。。

一日各10回ずつでいいので、1週間続けて下さいとお願いしました。

1週間後には脚の形もずいぶんすっきりとしてキレイになっているはずです!!!


第二の心臓と呼ばれる「ふくらはぎ」。
このふくらはぎは脚のほうに下りていった血液を心臓に戻すという大切な役割があります。

足のほうに下りていった血液は、重力に逆らって上がり、心臓にたどり着かなければなりません。
それには、ふくらはぎの筋肉がしっかりと収縮して、力強くポンプの役割を果たしていくことが、最も重要なポイントになってきます。

血液と共に、リンパ液、老廃物など様々な流れに影響します。

寝る前に10分間のマッサージをするよりも、
全身の血液循環を促し、根本からアプローチできるトレーニングをおススメします!!!


↓↓↓↓↓↓↓
東中野、中野坂上の整体『米木身体均整院』HOME


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。