2014/08/22

首と、肩の痛み。。

久しぶりにご来院頂いたお客様。

「首から右腕の付け根にかけて痛みがある、、」
といらっしゃいました。

あまり痛みが楽になる角度がない、、とのことでしたが、

ゆっくり調べると、首を前に倒す動作で肩の痛みが軽減するようです。


ピリッと痛いというよりも、どちらかというと鈍痛に近く、ジワジワと痛いようです。


肩関節の支配神経は頚椎の5番。

この付近に緊張や変異があるのかなぁ、、と調整。


頚椎をゆっくり探っていくと、
頚椎4番と頚椎5番が奥に引っ込み(喉のほうに)、
右側でギュッと硬くなっていました。


あぁ、、これかなぁ、、と当たりをつけて
ゆっくり、ゆっくり引き剥がして。。。


持ち上げた首を下ろした瞬間。

「あれ? 消えた!! 」

って一言。


・・・嬉しい瞬間です。

一旦痛みは消えたものの、普段の生活からくる歪みが原因なので再発することもあります。
1週間様子をみてもらって、痛みが軽減しても痛みが出るようなら調整を再度受けて頂くこと。

月に一回の調整でお体のメンテナンスをお勧めしました。


痛みが出ないと気が付かないことが多いですが、現代社会の生活は体に歪みを作り出しやすいもの。
定期的なメンテナンスで、健康でキレイな体をつくるお手伝いをします。


↓↓↓↓↓↓↓
東中野、中野坂上の整体『米木身体均整院』HOME


2014/07/01

背中から首にかけての痛み、、手が挙がらない、、

初めていらした男性のお客様。
「背中から、首にかけて常に痛い、、」とご来院頂きました。

過去に大きな事故にあい、それ以来、左手も上がりづらいとのこと。

痛みがあるのは、左側。
左の肩甲骨もパンパンに張っています、、

背中で見ると、肝臓の張りが気になります。。。

肝臓は、首の左側の神経の支配が強く、
肩のこりや異常、肩甲骨の張り等と絡みがあることが多いです。


ゆっくりと末端から緩めて、肝臓の緊張をとって、、
「・・・新しい感覚です!! すごいいいですね!!」

とお客様の言葉、楽しんでいるご様子にホッとして。

仰向けになって頂く際に、
「あれ?背中楽ですね。。」


・・・まだまだですよ~~。

事故で入った衝撃が「尾骨」に残っているんだろうなぁと、
尾骨を触ると、ピリピリと痛い様子。。

捻れていた骨盤の歪みをとり、肝臓を調整。

お帰りの際には、肩の可動域が少し増え、最初よりも上がるようになっていました。

うんうん。。
初回なので、ざっくりと体の捻れ、歪みをとったところです。

背中から首にかけての常に痛かった感じは消え、
動かすと突っ張るかな、、というくらいまで落ち着いたようです。




次回からは、ゆっくり肩にアプローチして行きますねと、お話をして終了です。
次にいらっしゃる際に、お体の変化についてお話を聞くのが楽しみです!!!



↓↓↓↓↓↓↓
東中野、中野坂上の整体『米木身体均整院』HOME







2014/05/21

首の痛み、、

「首、背中が急に痛んで、、」

初めてご来院頂いたお客様。

首の痛みが強いそうです。
背中、腰にも痛みがあります。

首を動かして頂くと、
「・・・嘘でしょ。。」
と思うほどしか動きません。。。

左に回しても、右に回しても、
前に倒しても、後ろに倒しても、同じ場所が痛い。
首の左側です


背中から診せていただくと、肝臓がパンパンに疲れてますね、、
ふんふん、、それで左首ね。。

肝臓は、左の迷走神経の支配が強く、
左肩、左首の緊張や痛みとして出ることがあります。


アイタタタ。。。と言ってベットに寝るのが、何とも痛々しい、、、

施術で主にしたのは、「肝臓を緩める。」ということ。

仰向けから施術をはじめ、足、手、お腹、骨盤。。

では、うつ伏せになりましょうかと起きていただき、
「少し首を動かしてみましょうか。」と。

「あれ??動きますね!!!」

とお客様のお言葉、、まだまだ頑張ります。。

首自体はまだ触っていないので、痛みや動きの制限は残りますが
あきらかに変化が出ています。

背中から体の歪みを取り、首、頭と調整。

お帰りの際には、スムーズに動くようになり、
痛みも軽くなり、違和感といった感じまで。


・・・よかったです。

今回の原因は定かではありませんが、
内臓の疲れによって、ぎっくり腰や首の寝違え、痛みなどが起こりやすくなります。

痛みなどの自覚症状がなく、過ごせていても
急に出てくる場合がほとんどです。



仕事が出来る人は、自己管理もしっかり出来る人だと思います。

急な痛みに、動けなくなったり、、仕事に支障を来たす前に
月一のメンテナンス、おすすめしています。


↓↓↓↓↓↓↓
東中野、中野坂上の整体『米木身体均整院』HOME


2014/02/19

長年の歪みから来る、腕のしびれ。

2月に入ってから、初めていらした男性。

頚椎のヘルニアからくる手のしびれ。


お体を見せて頂くと、、びっくりするほど肝臓がパンパンに張っています、、、


「肝臓って検査か何かで引っかかっていますか??」

「肝炎なんです。。」



・・・ですよね、、

詳しくお話を伺うと、ここのところ数値が良くないんだとか。。


ふむふむ。。。


左の肩と肝臓の関係、とっても深いんです。
簡単に言うと、肝臓を支配している神経は、左の首を通っている神経です。

それによって、左首、肩の緊張などをもたらします。

もちろん、どちらが先にというのはわかりませんが、、




肝臓の張りを弛め、、

首をみせて頂くと、首と頭骨の骨が左側でギュッと硬くなっています。

この方、ご職業は芸人さん。

ピンか、コンビかは聞いてはいませんでしたが、
想像できたのは「左側に相方がいる」ということ。



「いつも左側に相方がいませんか??」

「えっ!!!何でわかるんですか!!??」


左の首がつまっていて、、左を向きやすい首をしているからです~~


コンビとなると、今日はじゃあ僕は右で、、、とか。今日は左に立とうかな、、、
なぁんてことは出来ませんよね。。


調整後、首、肩の緊張がゆるみ、しびれも楽になったようです。


2回目にいらした際には、肩の張り方、しびれの出かたと頻度が変わってきましたと嬉しいご報告。。


長年にわたる歪みなので、短期間で勝負!!
・・・と、いうわけには行きません。

長年の生活によって、作り上げられた歪み、痛みであると言うことを認識し、

ゆっくり。ゆっくり、丁寧に体と向き合っていって欲しいです。


そして、私も丁寧に向き合っていきます。


3回目の調整が終わり、次回は4回目。
ゆっくりと変わってくる体を、全力でサポート出来るように頑張ります!!



↓↓↓↓↓↓↓
東中野、中野坂上の整体『米木身体均整院』HOME